> > 平成25年の光化学オキシダント、前年より増加 最も濃いのは東京都多摩北部

平成25年の光化学オキシダント、前年より増加 最も濃いのは東京都多摩北部

 印刷 記事を保存

環境省は、平成25年の全国における光化学オキシダント注意報等の発令状況を取りまとめて公表した。

発令都道府県数は18都府県、発令延日数は106日で、平成24年(17都府県、53日)と比べて発令都道府県数は微増、発令延日数は倍増した。なお、警報の発令はなかった。また、光化学大気汚染によると思われる被害の届出人数は3都県合計78人で、平成24年(3府県、80人)に比べて若干減少した。

発令延日数について都道府県別に見ると、東京都が17日で最も多く、次いで神奈川県が16日。月別にみると8月の63日が最も多く、次いで7月の40日、5月の2日の順。なお、平成25年の光化学オキシダント濃度の1時間値の最高値は、8月10日の東京都多摩北部の0.197ppm だった。

(※全文:1,024文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.