> > 沖縄県石垣島に日本最南端のメガソーラー 6月より発電開始

沖縄県石垣島に日本最南端のメガソーラー 6月より発電開始

記事を保存
沖縄県石垣島に日本最南端のメガソーラー 6月より発電開始

沖縄の不動産情報を取り扱う日建ハウジング(沖縄県那覇市)は、沖縄県石垣島白保地区にメガソーラー「日建ハウジング石垣白保太陽光発電所」を建設する。発電出力は約2MWで、石垣島においては最大級の太陽光発電施設となる。

年間予想発電量は2,387,786kWh。二酸化炭素排出削減量は750,959(CO2-kg)。着工は1月25日。発電開始は6月1日の予定。

同発電所の建設により、同社は、石垣島における持続可能な再生可能エネルギーへの転換とエネルギーの地産・地消や、エネルギーシフトの加速化、多様な発電主体による小規模分散型電源への取組み促進、再生自然エネルギーの有効利用による離島観光のイメージアップなどを目指す。また、電源自給率の向上、二酸化炭素排出量削減や化石燃料の輸入削減への寄与なども期待されるとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.