> > 洋上風力発電などの海洋エネルギー市場 2030年には9兆円規模か

洋上風力発電などの海洋エネルギー市場 2030年には9兆円規模か

 印刷 記事を保存

総合マーケティング会社の富士経済の調査・分析によると、2030年の海洋エネルギー市場は2012年比14.6倍の9兆1,500億円となる見通し。洋上風力発電がけん引し、潮流発電や波力発電なども商用化が進むと予測される。

富士経済は、2013年9月から11月にかけて、新規産業の創出や市場拡大が期待される海洋ビジネス市場とその最前線を調査した結果を発表した。本レポートでは、注目市場として、「海洋エネルギー市場」「藻類バイオ燃料市場」「バラスト水管理システム市場」「FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)市場」「メタンハイドレート市場」の5つをあげる。注目市場の概要は以下の通り。

(※全文:2,138文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.