> > 東京都練馬区に設置する水素ステーション、主要機器は神戸製鋼所製

東京都練馬区に設置する水素ステーション、主要機器は神戸製鋼所製

 印刷 記事を保存

神戸製鋼所は、東京ガスが東京都練馬区に建設する「練馬水素ステーション(仮称)」向けに、主要機器である水素ステーション用高圧水素圧縮機「HyAC」とマイクロチャネル熱交換器「DCHE」を受注した。同ステーションへは2014年に納入予定。

東京ガスは、昨年6月に「練馬水素ステーション(仮称)」とともに埼玉県さいたま市において「浦和水素ステーション(仮称)」を、既存の天然ガススタンドと併設する一般商用の水素ステーションとして建設することを発表している。自動車メーカー各社が予定している燃料電池自動車(FCV)の一般販売開始に合わせ、2015年に運営開始を予定している。

両ステーションの建設にあたっては、経済産業省の「水素供給設備整備事業費補助金」の交付を受けることが決定している。次世代自動車振興センターが今年度より公募を開始した。第一期目の商用水素ステーションとなる。

(※全文:1,419文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.