> > 宮古島の充電ステーション、太陽光発電・蓄電池を併設して小型EVに充電

宮古島の充電ステーション、太陽光発電・蓄電池を併設して小型EVに充電

 印刷 記事を保存

東芝とホンダは、宮古島市、本田技術研究所と協力して、宮古島市での小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクトの運用を1月28日より開始する。

今回、運用を開始したのは「宮古島市小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクト」。宮古島市のエコアイランド化の推進に向け、島内の新たな移動手段としての超小型EV(電気自動車)や、電力供給装置等の導入および活用、運用管理に関する情報収集を行うことを目的としている。

本社会実験において、東芝は太陽光発電パネル蓄電池を備えた充電ステーションを宮古島市内3カ所(下地庁舎、城辺庁舎、伊良部庁舎)に設置する。

(※全文:847文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.