> > 宮古島の充電ステーション、太陽光発電・蓄電池を併設して小型EVに充電

宮古島の充電ステーション、太陽光発電・蓄電池を併設して小型EVに充電

記事を保存
宮古島の充電ステーション、太陽光発電・蓄電池を併設して小型EVに充電

東芝とホンダは、宮古島市、本田技術研究所と協力して、宮古島市での小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクトの運用を1月28日より開始する。

今回、運用を開始したのは「宮古島市小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクト」。宮古島市のエコアイランド化の推進に向け、島内の新たな移動手段としての超小型EV(電気自動車)や、電力供給装置等の導入および活用、運用管理に関する情報収集を行うことを目的としている。

プロジェクトの参考資料
(※画像クリックでPDF、7.3MB)

本社会実験において、東芝太陽光発電パネル蓄電池を備えた充電ステーションを宮古島市内3カ所(下地庁舎、城辺庁舎、伊良部庁舎)に設置する。ホンダは、この充電ステーションからの給電で超小型EV(電気自動車)「MC-β」を運用し、太陽光発電パネルによるエネルギーを利用する超小型EVの実験走行を行う。

東芝が設置する充電ステーションのイメージ図

東芝が設置する充電ステーションのイメージ図

また、東芝ホームITシステム「フェミニティ」を活用して、電力需給状況を「見える化」し、社会実験用の超小型EVに加え、島内で運用されているEVが、再生可能エネルギーのみで走行するために最適な太陽光の発電量と蓄電池の容量の検証を行う。

充電ステーションには、東芝製の高効率太陽電池モジュールと、東芝製リチウムイオン電池「SCiB™」を搭載した定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を活用している。宮古島市は台風による停電が頻発する地域であることから、東芝は、非常用電源としての蓄電池の活用も想定している。将来的には、本実験を通じて確立したモデルを一般家庭等へ普及することを目指す。なお充電ステーション設備の一部は、経済産業省の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」に採択されている。

充電システムのイメージ図

充電システムのイメージ図

本実験の走行試験に使用されるホンダの超小型EV「MC-β」にも、動力用として、リチウムイオン電池「SCiB™」が搭載されている。東芝は「SCiB™」の長寿命特性を生かし、車載用途から定置用途への二次利用も検討していくとともに、次世代自動車システムと再生可能エネルギーを活用したインフラ構築等の先端技術開発・連系を加速し、低炭素社会の構築に貢献していく考えだ。

【参考】
宮古島市 - 小型電動モビリティプロジェクト 開始式を行いました!

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.