> > ペットボトルの店頭回収システムの実証開始 首都圏のスーパーやコンビニで

ペットボトルの店頭回収システムの実証開始 首都圏のスーパーやコンビニで

 印刷 記事を保存

環境省は、東京都・千葉県・茨城県の一部のスーパーやコンビニの店頭で、廃ペットボトルの店頭回収・リサイクルの実証事業を開始する。

本事業は、家庭の使用済みペットボトルを、自動的に選別・破砕・圧縮する自動回収機で回収し、共同物流やグループ間物流の活用、二次処理を行うことで、店頭で回収される廃ペットボトルを持続的に国内循環するシステムに高めていく可能性を検証するとともに、その課題を整理する。実施期間は2月上旬~3月中旬。

同実証事業では、スーパーマーケット等の店頭回収物の高品質性に着目し、店頭の自動回収機で資源化に向けた一次処理(選分別・減容)を行った後、二次処理(異物除去・再減容等)を行うさらなる回収資源の価値向上をへて、国内循環させる社会システムの構築可能性の検証と課題抽出を行うことを目的とする。

(※全文:948文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.