> > 京都市の街灯、3年以内にすべてLED化 予算案で8億7700万円

京都市の街灯、3年以内にすべてLED化 予算案で8億7700万円

記事を保存

京都市は、来年度の当初予算(案)の編成における重点などを公表し、施策の一つとして三年以内に市内の生活道路の街灯などをすべてLEDに変えることを発表した。

予算編成にあたって、同市は6つの施策と重点を発表しており、その中のひとつ「環境にやさしい循環型社会、持続可能なエネルギー社会の実現」について、約13億3,800万円の予算を下記の内訳で見込んでいる。

  1. 既存住宅の省エネ化・再エネ化の推進
      4億2,100万円
  2. イクレイ(※)東アジア地域理事会京都開催
    4,000万円
  3. LED道路照明灯の設置
    8億7,700万円

「LED道路照明灯の設置」に関して同市は、生活道路のほぼすべての蛍光灯約67,000灯を平成28年度までにLED化するとしており、これは当初計画から3年短縮の予定で実施されることとなる。

また、幹線道路についても新たに水銀灯約10,000灯を来年度から2年間でLED化する見通しだ。

同市の来年度予算(案)は全体で、本年度を160億円上回る約7,400億円を計上する見込み。うち、公共投資の規模は大幅増となった今年度並みの約700億円を確保している。(金額は概算で、今後変動の可能性あり。)

※持続可能な開発に積極的に取り組む自治体及び自治体連合で構成された国際的な連合組織(84カ国、1,012自治体加盟)で、同市の門川市長が東アジア地域理事会議長を務める。

【参考】
平成26年度当初予算(案)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.