> > 新潟県の住宅用太陽光発電導入を促進する協議会が発足 参加事業者募集

新潟県の住宅用太陽光発電導入を促進する協議会が発足 参加事業者募集

記事を保存

新潟県は、県内における太陽光発電システムの製造・販売・施工等に関する事業者が相互に連携することで普及拡大を図り、県民が安心して太陽光発電システムを導入できる環境づくりを進めることを目的に「新潟県太陽光発電導入促進協議会(N-PIC/エヌピック)」を設立した。

協議会の主な活動内容は、普及啓発事業(ホームページ開設、講演会の開催等)、能力向上事業(セミナー、勉強会の開催等)、販売促進事業(太陽光発電相談会の開催等)、マッチング事業(会員相互のシーズ、ニーズのマッチング)、調査研究事業(太陽光発電に関する課題について調査研究)。入会を随時受け付けており、正会員(会の目的に賛同して入会した者)の年会費は1万円の予定。

新潟県内における住宅用太陽光発電設備の導入件数は、一戸建て住宅に対する普及率に換算すると、全国平均5%に対して1.4%(全国第45位)と低い水準となっており、県では、太陽光発電設備の導入を積極的に進めるとともに、県内経済の活性化を図る仕組づくりが必要と考えている。

【参考】
新潟県 - 新潟県太陽光発電導入促進協議会の設立総会と記念講演会を開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.