> > 三重県にドーム型植物工場 王子グループがアグリビジネスに参入

三重県にドーム型植物工場 王子グループがアグリビジネスに参入

記事を保存
三重県にドーム型植物工場 王子グループがアグリビジネスに参入

王子グループは、三重県鈴鹿市にて太陽光利用型植物工場を設置し、2月よりリーフレタスなど葉物野菜の栽培および販売を開始すると発表した。

王子ホールディングスの100%子会社である王子グリーンリソース(東京都中央区)が、最先端のドーム型植物工場の開発と運営を手掛けるグランパ(神奈川県横浜市)と共同出資で農業法人を設立して、本事業を実施する。

王子グループは、事業構造転換施策として資源環境ビジネスの一層の拡大を図るため、新規事業の取り組みを進めているが、今回アグリビジネス分野へ進出することとした。

新会社の名称は「王子グランパ」。設立日は2013年7月10日。本社所在地は三重県鈴鹿市広瀬町(旧森林資源研究所跡地)。払込資本金は1億2,000万円。出資比率は王子グリーンリソースが75%、グランパが25%。

本事業ではドーム型植物工場を6棟を設置。栽培量は1日2,400株。栽培品種はバタビアレタス(グリーンリーフ)、ホワイトセロリ、サラトリオ(3種レタス)など。販売先は中部、京阪神地域。

バタビアレタス(グリーンリーフ)、ホワイトセロリ、サラトリオ(3種レタス)

左からバタビアレタス(グリーンリーフ)、ホワイトセロリ、サラトリオ(3種レタス)

王子グループでは、林木育種の研究を進め、この技術を国内外で森林管理・植林事業へ活用してきた。更に昨年9月には、これまでに培った育種・育苗技術を応用・活用し、漢方薬原料となる薬用植物研究にも着手している。このような研究技術とグランパが保有する最先端技術を融合することにより、安定した農業経営体の構築と新たな価値の創造を目指す。また、これらの取り組みを地域の生産者、生産団体および自治体等とも協力して行うことにより、地域農業の活性化に貢献していく考えだ。

グランパは、ドーム型植物工場の製造・販売事業および農作物の生産・加工・販売事業を手がける。同社の植物工場は東日本大震災の被災地の復興事業においても注目されている。グランパには、日立製作所や日揮も出資する。

植物工場は、人工的に高度な環境制御を行うことにより、野菜等を周年・計画生産する 施設園芸農業の形態のひとつ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.