> > 東芝、神奈川県にエネルギー事業の中核拠点 グローバル展開を加速

東芝、神奈川県にエネルギー事業の中核拠点 グローバル展開を加速

記事を保存
東芝、神奈川県にエネルギー事業の中核拠点 グローバル展開を加速

東芝は、発電システム事業の主要製造拠点である京浜事業所(神奈川県横浜市)内にグローバルエンジニアリング・製造センターが完成し、2月6日に稼働を開始したと発表した。新センターは東芝グループのエネルギー事業を推進する中核拠点としての役割を担っていく。

新センターは、火力・水力・再生可能エネルギーなどのエネルギー関連機器の開発・設計を通して発電システム事業を推進する「グローバルエンジニアリングセンター」とグローバルにものづくりを展開するために海外拠点を指導・支援する「グローバル製造センター」の機能を有する。

東芝は、スマートコミュニティ事業の中核拠点である川崎市の「スマートコミュニティセンター」、インドで発電システムの製造から保守・サービスまで一貫して手掛ける「東芝ジェイエスダブリュー・パワーシステム社」など、国内外の拠点と新センターとの連携を深め、新興国をはじめとしたグローバルなエネルギー需要の伸張に対応し、発電事業におけるグローバル展開を加速させる考えだ。

新センターには、最先端のICT(Information and Communication Technology)環境のもと、エンジニアリング、製造、調達などの機能を集約した。これにより、国内外拠点とのコラボレーションおよびコミュニケーションを促進し、エンジニアリングの品質や生産のスピードの向上を図る。

建物には免震構造を採用したほか、津波を考慮した高床設置の非常電源を設置し事業の継続性(BCP)を強化している。また、最新のBEMS(Building Energy Management System)や省エネ設備を導入することで、エネルギー使用量を2014年度目標で2012年度比33%削減する予定(入居予定者執務スペースにおける2012年度電力量と新センターの見込み電力量の比較)。なお、新センターは横浜市の建築物環境配慮評価認証制度(CASBEE横浜)で最高位のSランクの認定を獲得している。

新センターは鉄骨造5階建(建屋免震構造)で、延床面積は約2万2,388平方メートル。収容人数は約1,500名。2012年12月に着工、2013年12月11日に竣工した。京浜事業所は1925年8月の設立。発電システム事業の主要製造拠点として、火力発電機器、水力発電機器、原子力発電機器、再生可能発電機器、新エネルギー機器を製造する。敷地面積は約51万1,000平方メートル。従業員数は約2,350名。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.