> > 東大発の太陽光発電システム開発ベンチャーが破産、負債約5億円

東大発の太陽光発電システム開発ベンチャーが破産、負債約5億円

 印刷 記事を保存

スマートソーラーインターナショナル(宮城県仙台市)は、2月5日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。同社は、2009年に元大手電機メーカー役員でミスター・ソーラーと呼ばれた富田孝司氏を代表に招聘し、東京大学の先端科学技術研究センターのプロジェクトとして太陽光発電システムの開発を目的に設立されたベンチャー企業。

ベンチャーキャピタルや大手メーカーから出資を受け、集光型モジュールの製造に加えて、関連部材や設置までを手がけ、2013年3月期の年売上高は10億円の計上を目指していたが、先行投資が収益を圧迫し、巨額の赤字を積み増していた。

(※全文:771文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.