> > ガス4社、ガス焚き簡易貫流ボイラを新発売 より低負荷な運転でコスト低減

ガス4社、ガス焚き簡易貫流ボイラを新発売 より低負荷な運転でコスト低減

記事を保存
ガス4社、ガス焚き簡易貫流ボイラを新発売 より低負荷な運転でコスト低減

三浦工業(愛媛県)、東京ガス(東京都)、大阪ガス(大阪府)、東邦ガス(愛知県)の4社は、高効率簡易貫流ボイラ「SU-500VS」「SU-500VH」を共同開発し、4月から販売を開始する。同製品は、最低出力を従来機の50%から25%にまで低減することで、従来機に比べ低負荷での燃焼を可能とし、燃焼の発停回数(ON/OFFの頻度)を減少させたのが特長。

また、送風機制御用のインバータを標準装備したり、燃焼時に出る排ガスを利用して給水を加熱する「エコノマイザ」を装備すること等により、従来機と比べてボイラ運転効率を約1~5%向上、送風機の消費電力を約25~50%低減させ、ランニングコストの燃料ガス代を約1~5%低減させた。価格は、エコノマイザ有の「SU-500VS」が468万円、エコノマイザ無の「SU-500VH」が442万円。

高効率簡易貫流ボイラ「SU-500VS」「SU-500VH」の特長は以下の通り。

【1】最低出力を25%まで低減し、省エネルギーを実現

負荷率と運転効率の関係(SU-500VS)

負荷率と運転効率の関係(SU-500VS)

ボイラ燃焼部のガス量を調整する弁の最適化と、インバータを用いて送風機の回転数を制御することにより、低出力時でも最適な空気と燃焼の比率を維持し、燃焼を安定させることが可能になった。その結果、従来のターンダウン比(最低出力と定格出力の比)1:2から1:4へ大幅に燃焼範囲を拡大し、燃焼の発停回数を低減することで低負荷率運転時の運転効率を大幅に改善できる。

【2】インバータを標準装備し、省電力を実現

送風機制御用のインバータを標準装備し、ボイラの燃焼状態にあわせてモータの回転数をインバータで調整することにより燃焼に必要な空気を供給する。また、夏、冬で気温が変わり、燃焼用空気温度が変化した場合でも、インバータにより送風機の回転数を補正することで適正な空気量に調整し、安定した燃焼状態を維持する。

最適O2燃焼制御

最適O2燃焼制御

「貫流ボイラ」は、管によって構成され一端から給水し、他端から蒸気として送り出す方式のボイラ。小型軽量で保有水が少ないため、短時間で起動できるのが特長。最高使用圧力、伝熱面積などにより「ボイラ」「小型ボイラ」「簡易ボイラ」に区分され、中でも「簡易ボイラ」は最も規模が小さく運転資格が不要なため、クリーニング店から工場まで幅広い分野で利用されている。

「簡易貫流ボイラ」は、使用蒸気量が最低出力を下回らない範囲では燃焼量の切り替えにより蒸気量を調整するが、下回る範囲では燃焼をON/OFFすることにより発生蒸気量を調整する。燃焼を停止した後に再起動する際には、安全のために炉内を新鮮な空気で換気する必要がある。この時にボイラが保有している熱が排気としてボイラ外に排出され、熱損失が発生するため、燃焼のON/OFFを減少させることは、熱損失を抑制しボイラ運転効率を高めることにつながる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.