> > ナノカーボン膜を使った水ろ過の研究 富士通のスパコンで解析

ナノカーボン膜を使った水ろ過の研究 富士通のスパコンで解析

 印刷 記事を保存

信州大学は新たな造水・水循環システムの研究開発に富士通製のスーパーコンピューターを導入することを決定した。

信州大学は以前から新たな造水・水循環システムの研究開発に邁進しており、2013年3月の「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」で「革新的ナノカーボンなどを用いた造水・水循環システム」の研究開発構想を提案した。

ナノカーボンとは、直径がナノメートル単位の炭素粒子で構成される物質。このナノカーボンを使って膜を作り、水のろ過工程を行う研究開発が進んでいる。仮にナノカーボン膜を用いて水ろ過を行った場合、油や塩分など人体に影響ある物質のみを取り除き、あらゆる水源からの水資源を生活用水・工業用水・農業用水へと変えることができる。

(※全文:923文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.