> > レノバ(旧リサイクルワン)、今度は大分県に25.4MWのメガソーラー

レノバ(旧リサイクルワン)、今度は大分県に25.4MWのメガソーラー

記事を保存
レノバ(旧リサイクルワン)、今度は大分県に25.4MWのメガソーラー

レノバ(旧リサイクルワン)は今月7日に、九重町(大分県玖珠郡)での、メガソーラー発電所設置運営事業に着手したと発表した。本事業は、同社が単独で、同町内のリゾート開発予定地の一部を活用して実施される。開発敷地面積は約41.8万平方メートル。

今回建設予定の発電設備は、出力約25.4MW(モジュールベース)で、想定される年間発電量は約2,400万kWh(一般家庭の約7,000世帯の年間使用電力量に相当)。平成27年5月の運転開始を目指す。CO2削減量は年間14,000トン程度を見込む。

同社は本事業の事業計画における開発プロセス全般を主導し、匿名組合出資を行い、今月5日付けで合同会社九重ソーラーを発電事業者とし、今後の事業を進める。

同社は、今月1日より茨城県潮来市において共同事業による14MWのメガソーラー発電所の運営を開始している。そのほか富津市(7月運転開始予定、40MW)や菊川市(来年2月運転開始予定、16.9MW)でもメガソーラー発電所の建設を行っており、同社が開発を主導したメガソーラー発電所は、本件や建設中のものも含めると4箇所で、合計96MW相当となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.