> > 岡山県と三菱自、インホイールモーターなど次世代EV技術の共同研究を開始

岡山県と三菱自、インホイールモーターなど次世代EV技術の共同研究を開始

記事を保存

三菱自動車は、岡山県と次世代EV技術に関する共同研究を開始すると発表した。

同社は、岡山県が平成23年度より県内企業16社と推進している「おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト」において、これまでアドバイザーとして技術的支援や研究開発用車両の提供を行ってきたが、平成26年度からはインホイールモーターをはじめとする次世代EV技術の研究開発を「おかやま次世代自動車技術研究開発センター(OVEC)」と共同で推進する。同社は、インホイールモーターの実用性検証、次世代EV技術の開発を通して、地元企業の技術力向上と競争力強化に協力していく。

今回の共同研究のテーマは、『インホイールモーターをはじめとする次世代EV技術の研究開発並びに実証実験車(試作EV)の製作及び評価試験』。岡山県は、同技術の実用化及び小型化に関する研究、研究成果の実証実験車(試作EV)の設計・製作を行い、三菱自動車は、同技術の評価技術の研究、研究成果の実証実験車(試作EV)の基本計画(仕様・レイアウト)、システム設計・製作及び評価試験を行う。期間は平成28年度までの3年間。

なお、「おかやま次世代自動車技術研究開発センター」は、岡山県が平成23年度に岡山県産業振興財団内に設置し、県内企業との産学官連携によりEVの新技術・新製品の開発プロジェクトに取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.