> > 環境管理センター、福島県の除染・浄化で米・放射化学分析最大手と協力

環境管理センター、福島県の除染・浄化で米・放射化学分析最大手と協力

 印刷 記事を保存

環境管理センター(東京都八王子市)は、放射化学分析の米国最大手のGEL Laboratories,LLC、EAインターナショナル合同会社(東京都千代田区)と、福島第一原発事故による放射能汚染に係る除染や浄化等について、相互協力関係を構築することを合意した。

原発事故によって現在進行中の及び将来の福島の除染活動には、国内外の専門知識や知見による貢献が期待されている。3社は、相互協力関係を構築することによって専門的な洞察と技術を提供していく。今後始まる中間貯蔵施設での減容化に関する技術開発や原発近傍の除染、さらには廃炉に向けた研究開発など多岐にわたる支援サービスを行う予定だ。

(※全文:837文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.