> > 世界のエネルギー問題、最重要課題はエネルギー価格の不安定性

世界のエネルギー問題、最重要課題はエネルギー価格の不安定性

 印刷 記事を保存

世界エネルギー会議(WEC)は「2014年世界エネルギー課題モニター」報告書をとりまとめ、エネルギー価格の不安定性と不況が、これまでの気候変動問題にかわって、初めて世界のエネルギー問題における最重要課題となったという調査結果を明らかにした。

「2014年世界エネルギー課題モニター(World Energy Issues Monitor)」報告書は、84カ国におよぶ、大臣、最高経営責任者やWEC国内委員会の会長など800名を超えるエネルギー分野のトップの意見を集約した、6カ月に及ぶ調査研究の成果となっている。

本報告書によると、気候変動問題に関わる枠組みの不確実性については、これまでと同様重要課題と認識されてはいるものの、その影響に対するエネルギー分野のトップらの評価は、過去3年間の調査と比べて低下している。一方、CO2回収・利用・貯留(CCUS)はエネルギー分野に対して未だ限定的な影響力しかない技術であると考えられている。これは過去3年間に見られたはっきりとした傾向が継続している。

報告書発表の場で、WEC事務局長クリストフ・フライ氏(Christoph Frei)は、次のように見解を述べている。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.