> > 「水力発電で電気自動車を」 ブータンの目標に日産が協力

「水力発電で電気自動車を」 ブータンの目標に日産が協力

 印刷 記事を保存

日産自動車は、国内の自動車を、水力で発電した電力を使った電気自動車(EV)にするという目標を掲げるブータン王国をサポートする。日産は、同国へEV「リーフ」と急速充電器を提供し、今回のパートナーシップを通じて、クリーンエネルギーが豊富な新興国において、どの程度の規模でEVビジネスを行うことができるかを調査していく。

日産は、2月21日、本サポートの実施に向けて、ブータン政府と幅広い協力を約束した拘束力のない覚書を締結したと発表した。覚書の中には、水力発電によるエネルギーを使った急速充電インフラの全国ネットワークの整備も含まれている。

まず、第1段階として、日産は、政府公用車やタクシー、実証実験等に使用する車両としてEV「リーフ」をブータンに提供することを検討する。また、ヒマラヤ山脈の麓に位置するブータン全域のインフラを整備する、という政府の計画を実現するために、急速充電器の提供も検討していく。更に、今回のパートナーシップには、技術上のさらなる協力に向けた実行可能な案件の検討も含まれている。

ブータン政府は、EVについては、環境税・消費税・関税を免税にすることを検討している。

(※全文:1,486文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.