> > 低風に強い風力発電用カーボンブレード登場 一般形状と比べ発電量5倍

低風に強い風力発電用カーボンブレード登場 一般形状と比べ発電量5倍

記事を保存
低風に強い風力発電用カーボンブレード登場 一般形状と比べ発電量5倍

ヨネックスは、スポーツ用品メーカーとして培ったカーボン加工技術を活用し、新たに風力発電用ブレード製造・販売事業に参入する。4月より風力発電用ブレード「YW-100」の販売を開始すると発表した。

本製品は、軽量で耐久性の高い垂直軸型カーボン製ブレードで、風向きに関係なく低風速域(1.5m/s)でも発電を開始することができる。長岡技術科学大学、産業技術総合研究所との共同研究により設計した。軽量化と最適形状で弱い風速でも回転しやすくなり、発電効率を向上させることができる。

価格(税抜き)は1枚8万円で、指定デザインを採用する場合は1枚10万円。2015年度の販売目標として2,000万円を掲げる。

1枚2,500gという軽量性(同サイズのアルミに対して約半分の重量)

1枚2,500gという軽量性
(同サイズのアルミに対して約半分の重量)

本製品のサイズは全長1510mm×幅300mm×最大厚60mm。1枚2,500gと軽量で、これは同サイズのアルミに対して約半分の重量。

素材に軽くて変形に強いカーボングラファイトを使用し、軽量化を実現。また、従来の垂直軸型ブレード形状は、飛行機の翼のような形状が多いのに対し、今回設計した最適翼形状は、上下対称の流体形状としているのが特徴。形状は中空構造となっている。

従来型のブレードと、垂直軸型カーボン製ブレードの形状の違い

従来型のブレードと、垂直軸型カーボン製ブレードの形状の違い

本製品の検証では、風速5m/sにおいて、一般形状ブレードより5倍の発電量であることを確認している。また、一般的なブレード形状では、ブレードに当たる風向きにより、50°170°280°付近にて推進力が失速しているのに対し本製品の形状は、失速が少なく、ブレード角度に依存することなく推進力が得られることを確認している。

風速5m/sにおいては、一般形状ブレードより発電量が5倍

風速5m/sにおいては、一般形状ブレードより発電量が5倍

なお、風力発電事業の製品開発・製造・販売については新潟県長岡市の同社新潟生産本部で一貫して行い、「Made in Japan」の製品として提供する。

近年、CO2排出による地球温暖化が社会問題となっている状況下で、再生可能エネルギーへの期待が高まっている。その中でも風力発電は24時間発電可能な点などから注目を浴びている。同社は、風力発電事業は諸問題解決に貢献できる事業であり、今まで培ってきたラケット、ゴルフ、スノーボードでのカーボン加工技術を活用できるという点から、今後も成長が見込まれる小型風力発電事業への参入を決定した。

流体解析において、3枚のブレードを配置した実機を想定した検証結果

流体解析において、3枚のブレードを配置した実機を想定した検証結果

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.