> > 一度破綻した独コナジー、日本でリベンジへ

一度破綻した独コナジー、日本でリベンジへ

 印刷 記事を保存

ドイツの太陽光発電パネルメーカーのコナジー(Conergy)は、日本法人であるコナジー・ジャパン(東京都千代田区)を設立、国内における本格的な事業活動を展開すると発表した。また、北海道における太陽光発電プロジェクトを日本国内で初めて受注したことを併せて発表した。

コナジーは経営が破綻し昨年7月に破産を申請。米国の独立系資産運用会社、カワ・キャピタル・マネジメント・インク(米フロリダ州マイアミ)の傘下として、再建を進めてきた。その再建において、今後も成長が見込まれる日本太陽光発電市場への参入を重要な戦略と位置付けてきた。同社は、今回の発表で同社のバランスシート(財務状態)は健全であると説明している。

(※全文:1,163文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.