> > 導入しやすいメガソーラーの簡易監視システム 導入費も3割削減

導入しやすいメガソーラーの簡易監視システム 導入費も3割削減

 印刷 記事を保存

日本電業工作(東京都千代田区)は、カシオテクノ(東京都千代田区)と共同で、メガソーラーなど無人化された施設の状況を監視する「かんたんマルチポイント同時監視システム」を開発した。

本システムは、長距離無線LANシステム「FalconWAVE」とカシオテクノの高性能カメラ・レコーダーを組み合わせた監視システムで、監視施設での一括監視ならびにインターネットを利用した遠隔確認も可能。

導入しやすい簡単システムで、導入時の大がかりな建設工事が不必要になるため導入初期費用を30%以上軽減できる。低消費電力監視カメラと無線装置LANで、システム消費電力は他社製品構成比3/100のわずか6Wで、完全自立での運用もできる。

本システムにより、太陽光発電所の発電量に影響を与えるパネルに付着するゴミ、枯葉や雑草、積雪状況などの確認が可能となり、太陽光パネルでの発電量の低下を未然に防ぐことが可能になる。高性能監視カメラによる複数地点のリアルタイム監視を実現した。

(※全文:1,308文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.