> > 電炉ダストから高純度の亜鉛を回収する新技術 コスト・廃棄物を削減

電炉ダストから高純度の亜鉛を回収する新技術 コスト・廃棄物を削減

 印刷 記事を保存

東北大学は、電気炉で鉄スクラップを溶解する時に発生する煙灰(電炉ダスト)から、選択塩化法・溶融塩電解により亜鉛を効率よく回収する方法を開発した。

この回収法では、粗酸化亜鉛を経ることなく、選択塩化法で電炉ダストを約1,000℃において塩素と空気の混合ガスで直接塩化して、電炉ダスト中の亜鉛を塩化亜鉛としてガス状で分離する。得られた塩化亜鉛を食塩(塩化ナトリウム)と混合して溶融塩という液体にしてから、鉛等の不純物を除いて浄化し、亜鉛の融点より高い450℃で電気分解して、高純度の亜鉛を製造する。

これにより従来法と比べて全体の回収コストを大幅に削減できるとともに、日本のみならず世界的に問題となっている廃棄物としての電炉ダストの処理に貢献する。

今回開発された亜鉛回収法の利点は以下の通り。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.