> > パイオニア、資生堂と連携し「メイク用」有機EL照明を製品化

パイオニア、資生堂と連携し「メイク用」有機EL照明を製品化

記事を保存
パイオニア、資生堂と連携し「メイク用」有機EL照明を製品化

パイオニアは、資生堂の協力のもと、自然光に近いという有機EL照明の特性を活かした、メイク用有機EL照明「OLE-B01」を製品化した。本機は、資生堂が銀座で運営する美容施設「SHISEIDO THE GINZA」(東京都中央区銀座)の美容カウンセリング用照明として採用された。

レッスン風景

今回製品化したメーク用有機EL照明は薄型でシンプルなデザイン。特長として、自然光に近いため発色性や視認性に優れ、色が自然に見えること、そして、面全体が発光するので目に優しいことをあげる。

機能としては、使用シーンに合わせて「自然光」「オフィス」「ラウンジ」の3パターンのメイクモードや、気分に合わせて変えられる12パターンのリラクゼーションモードを搭載する。調光・調色を簡単に操作できるリモコンを付属。また、水銀などの環境負荷物質を含まない環境に配慮した照明とした。

本機は資生堂が4月1日(火)より提供する有料の新メイクアップコース導入に合わせ、資生堂ヘア&メイクアップアーティストの大久保紀子氏の監修により製品化された資生堂専用モデル。自然光に極めて近い光に加え、オフィスやパーティなど、明るさと色を変えてさまざまな場面の光を再現できるので、シーンに合わせた的確なメイクをサポートする。

パイオニアでは、新規事業として有機EL照明事業を推進している。有機EL照明は、次世代照明として期待されており、同社の有機EL照明用パネルは、2011年の量産開始以来、多くの商業施設や医療現場で採用されている。メイク用有機EL照明については、資生堂の協力のもと、有機EL照明の特性を活かした美容用途の開発を進めてきた。

「SHISEIDO THE GINZA」は資生堂の創業の地である銀座に、美の総合施設として誕生。化粧品売り場や美容カウンセリング室などを備える。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.