> > 26年度 再エネ価格の大筋決定! 事業用太陽光は32円、洋上風力は36円

26年度 再エネ価格の大筋決定! 事業用太陽光は32円、洋上風力は36円

記事を保存

経済産業省・調達価格等算定委員会は、3月7日の第15回委員会で、平成26年度の調達価格及び調達期間についての委員長案を提示した。

今後この委員長案をもとに調整が進められるが、本案をもって買取価格はほぼ確定とみていいただろう。

委員長案で示された価格を見ていこう。

太陽光発電では、住宅用の10kW未満を前年度1円下げの37円/kWh、事業用の10kW以上を4円下げの32円/kWh(税抜)に引き下げる。買取期間(調達期間)は、今年度の前提を据え置き、10kW未満は10年、10kW以上は20年とする。

太陽光(10kW未満)

平成25年度 平成26年度(案)
調達価格(税抜) 38円/kWh 37円/kWh
資本費 システム費用 42.7万円/kW
(平成24年10-12月期の新築設置平均)
38.5万円/kW
(平成25年10-12月期の新築設置平均)
補助金
※補助金の交付と固定価格での調達が、二重の助成とならないように控除
国:2.0万円/kW
地方:3.4万円/kW
国の補助金の廃止に伴い、地方分を含めて控除しない
運転維持費 0.43万円/kW/年 0.36万円/kW/年
設備利用率 12% 今年度の前提を据え置き
IRR(税引前) 3.2% 今年度の前提を据え置き
調達期間 10年 今年度の前提を据え置き

太陽光(10kW以上)

平成25年度 平成26年度(案)
調達価格(税抜) 36円/kWh 32円/kWh
資本費  システム費用 28万円/kW 27.5万円/kW
土地造成費 0.15万円/kW 0.4万円/kW
接続費用 1.35万円/kW 今年度の前提を据え置き
運転維持費 0.9万円/kW/年 0.8万円/kW/年
設備利用率 12% 13%
IRR(税引前) 6% 今年度の前提を据え置き
調達期間 20年 今年度の前提を据え置き

太陽光の買取価格は、平成24年度は10kW未満が42円/kWh、10kW以上が40円/kWh(税抜き)、平成25年度は10kW未満が38円/kWh、10kW以上が36円/kWh(税抜き)だった。

引き下げの主な要因は、システム費用・運転維持費の下落、設備利用率の現実が前年度の想定(12%)より、実際のデータが高かったためだ。

また、新たに買取の対象として、「洋上風力」と、既に設置している導水路を活用した「既存導水路活用中小水力」の区分を設ける。洋上風力の買取価格(税抜き)は36円/kWh、買取期間は20年とする。洋上風力については、建設及び運転保守のいずれの場合にも船舶等によるアクセスを必要とするものと定義している。

洋上風力

平成26年度(案)
調達価格(税抜) 36円/kWh
資本費 56.5万円/kW 
運転維持費 2.25万円/kW/年
設備利用率 30%
IRR(税引前) 10%
調達期間 20年

既存導水路活用中小水力の買取価格(税抜き)は、200kW未満が25円/kWh、200kW以上1,000kW未満が21円/kWh、1,000kW以上30,000kW未満が14円/kWh。既存導水路活用中小水力は、既に設置している導水路を活用して、電気設備と水圧鉄管を更新するものと定義している。

既存導水路活用中小水力

平成26年度(案)
200kW未満 200kW以上
1,000kW未満
1,000kW以上
30,000kW未満 
調達価格(税抜) 25円/kWh 21円/kWh 14円/kWh
資本費 50万円/kW 40万円/kW 42.5万円/kW
運転維持費 7.5万円/kW/年 6.9万円/kW/年 0.95万円/kW/年
IRR(税引前) 7%
調達期間 20年

風力(洋上風力以外)、中小水力(既存導水路活用中小水力以外)、地熱、バイオマスについては、平成25年度調達価格及び調達期間をそのまま据え置く。

【参考】
経済産業省 - 調達価格等算定委員会(第15回)‐配布資料

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.