> > 北海道・111MWのメガソーラー プロジェクトファイナンスで資金調達

北海道・111MWのメガソーラー プロジェクトファイナンスで資金調達

記事を保存

みずほ銀行、日本政策投資銀行および三井住友銀行は、三井物産ソフトバンクグループのSBエナジーが北海道で実施する、出力規模が約111MWのメガソーラー事業に対して、プロジェクトファイナンスによるシンジケート・ローン(協調融資)を3月6日付で組成したと発表した。

本事業は、北海道苫小牧東部地域の開発等を手がける苫東(北海道苫小牧市)が所有する苫東安平の土地において実施される、国内最大規模となる大型太陽光発電事業。敷地面積は約166万平方メートル。年間予想発電量は約1億801万4,000kWhで、これは一般家庭約3万世帯分の年間電力消費量に相当する。発電開始は2015年度冬を予定している。

三井物産およびSBエナジーの2社が50%ずつ出資して設立した苫東安平ソーラーパークが本事業を運営する。

本シンジケートローンは、みずほ銀行、日本政策投資銀行、三井住友銀行が共同アレンジャーを務め、共同アレンジャーを含め、みずほ銀行が招聘した地元銀行等12金融機関が参加する。

プロジェクトファイナンスとは、企業等の信用力や担保をもとに判断をして融資をするのではなく、特定のプロジェクトに対して行う融資手法。プロジェクトに融資するため、その出資企業には債務が訴求されないというメリットがある。シンジケートローンとは、顧客の資金調達ニーズに対し複数の金融機関が協調してシンジケート団(協調融資団)を組成し、一つの融資契約書に基づき同一条件で融資を行う資金調達手法をいう。

プロジェクトファイナンスによるシンジケートローンは、メガソーラーに対する融資方法として活用されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.