> > メガソーラーの監視システム、電力線通信で設置コスト削減

メガソーラーの監視システム、電力線通信で設置コスト削減

 印刷 記事を保存

住友電工は、メガソーラーシステムで使われる600V~1kV以上の直流高電圧電力ケーブルを、そのまま通信媒体として活用する「電力線通信(PLC)技術」を用いた、メガソーラー監視システムの実用化に成功したと発表した。同システムは2014年7月から販売を開始する予定だ。

同監視システムは、メガソーラーの構成単位である14~18枚直列の発電パネル群(ストリング)ごとに発電電力をリアルタイムで計測し、電力ケーブルそのものを通信媒体として、その情報をパソコンなどのモニター装置に転送し、専用ソフトによって発電異常の有無を判断するもの。

同システムは、各ストリングからの電力を集約する既存の接続箱内部に設置され、電流センサと、その情報を電力ケーブルに重畳させて相互に情報伝達するPLC子機・親機で構成される。子機の動作に必要な電力は、ソーラー電源線から取ることができる。

このため、専用の通信ケーブルや無線通信設備などが一切不要となり、設置コストの削減につながる。

(※全文:1,008文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.