> > ハンバーガーショップのサラダに植物工場の無農薬野菜

ハンバーガーショップのサラダに植物工場の無農薬野菜

記事を保存

リバネスが事業立ち上げに協力した日本蓄電器工業の植物工場で生産される野菜が、ハンバーガー&サンドイッチ「ベッカーズ」に採用され、3月13日より「グリーンサラダ(330円)」として提供が開始される。

日本蓄電器工業は新事業として「次世代農業事業」を手掛けており、2010年からリバネスより植物工場を導入し、技術・マーケティングなどの指導を受け、以後植物工場で生産された野菜の提供を行っている。同社が導入した植物工場はレタスの場合1日に300株、年間に約10万株を生産する規模。

リバネスは、サブウェイとのプロジェクト、「野菜ラボ」で、植物工場併設型店舗というコンセプトモデルを2009年に作成して以来、植物工場の研究や生産物の普及に努めてきた。サブウェイとのコラボは“店産店消”というキーワードを元に、今もサブウェイ野菜ラボ丸ビル店として稼働している。

同社が提供する植物工場では、リーフレタスであるフリルアイスに加え、バジル、アイスプラント、サンチュ、ベビーリーフなどの生産に取り組んでおり、生菌数が少ないため日持ちがよく、かつ高品質な野菜を提供できる。

サービスとしては室内におけるオールインワン方式の小型植物工場ユニットから大型植物工場プラントまで、設計・施工、技術研修、栽培指導、販路開拓サポートなどを行っており、小型植物工場ユニットなら、リース形式で月額6万円から導入できる。また、植物工場技術を用いた食空間デザインの提案も行っており、小売店・飲食店を始め、多くの食品提供施設で採用されている。

今回新たに「ベッカーズ」を運営するジェイアール東日本フードビジネスとのマッチングを行い、メニューとして「ベッカーズ」で提供されるサラダで、日本蓄電器工業が生産するフリルアイス、アイスプラント、ベビーリーフが採用された。安心安全な植物工場で育てた無農薬野菜を使った「グリーンサラダ(330円)」として全店舗で販売される。

リバネスでは、今後も引き続き植物工場技術によるビジネス創出、市場拡大に向けたサービスを提供していく構えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.