> > コカ・コーラの省エネ型「ピークシフト自販機」、今年中に7万台目指す

コカ・コーラの省エネ型「ピークシフト自販機」、今年中に7万台目指す

記事を保存
コカ・コーラの省エネ型「ピークシフト自販機」、今年中に7万台目指す

日本コカ・コーラは、2013年1月より全国で設置を開始した省エネ自動販売機「ピークシフト自販機」について、昨年約2万8,000台設置を達成したが、それに加え、本年中に4万5,000台の追加設置を目指すと発表した。

ピークシフト自販機は、日中7時~23時の間の最長16時間、冷却を停止して、最大時95%の電力削減を実施してもなお、24時間いつでも冷たくおいしい製品の提供を可能にした。これは、4月1日から施行される「改正省エネ法」で求められる8時~22時の時間帯における電気需要平準化にも完全に対応可能。なお、同自販機は、昨年12月に『第10回エコプロダクツ大賞 推進協議会特別賞(節電優秀賞)』、今年1月には『平成25年度省エネ大賞 省エネ事例部門「経済産業大臣賞」』を受賞している。

「ピークシフト自販機」のその他の特長は、以下の通り。

冷却スピードの向上

従来の自動販売機開発の発想を転換し、全体を冷却して、真空断熱材を効果的に採用し、気密性と保冷性能を向上させたことにより、冷却スピードが速くなり、従来機と比較して半分の時間で同程度まで冷やすことに成功した。

長時間にわたり静音性を確保

こまめに冷却運転する従来機は、冷却装置の起動音や冷却音が1日中不定期に発生するのに対し、ピークシフト自販機は、長時間連続で冷却を停止できるため、長時間にわたり静音性を確保できる。

年間消費電力量の削減

さまざまな工夫によって冷却効率を向上させた結果、年間消費電力量は従来機比33%削減となった。

オペレーションコストの節約

北九州市八幡東区で実施している「北九州スマートコミュニティ創造事業」の中で、ピークシフト自販機の節電・省エネに関する実証実験を行った結果、ダイナミックプライシング(電力料金を地域の電力需給の状況に応じて一時的に変動させて、節電行動を促す取り組み)発動日には、従来型省エネ自動販売機と比較して、製品1本あたりの電気料金が半額になるなど、オペレーションコストが安くなることも実証された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.