> > 東芝、欧州で家庭用燃料電池システム事業に参入 現地企業と提携

東芝、欧州で家庭用燃料電池システム事業に参入 現地企業と提携

記事を保存

東芝グループの東芝燃料電池システムは、欧州地域で家庭用燃料電池システム事業に参入するため、家庭用燃料電池の開発・製造・販売を手がけるバクシィ・イノテック社(BI社)と提携したと発表した。これにより、欧州地域向け製品の共同開発を進め、2014年度中の市場投入を目指す。

BI社は欧州大手暖房機器メーカーであるBDRサーメア社(BDR社)傘下の開発会社で、ドイツの家庭用燃料電池システムの実証試験プロジェクトで50%以上のシェアを有するなど、欧州における家庭用燃料電池システムのトップメーカー。東芝燃料電池システムはBI社とはこれまで約2年間にわたり共同でプロト機の設計・試験を行うなど協業に向けた検討を進めてきた。

今回の提携により、東芝燃料電池システムは国内で実績のある家庭用燃料電池システム「エネファーム」をベースに欧州向けに開発する燃料電池ユニットを提供し、BI社は、貯湯・給湯・全体制御システムなど、組立を含めたシステム全体を手掛け、新製品の共同開発を行う。

また、販売面においてもBI社と協業し、ドイツ国内をはじめ、欧州各国に多くの拠点を持つ同社の親会社であるBDR社の販売網を通じて、同社の燃料電池システムを搭載した製品を展開していく。

欧州では、火力発電や原子力発電などの基幹電源のほか、太陽光風力などの再生可能エネルギーと並び、家庭用燃料電池システムなどのコジェネレーション・システムの普及拡大が期待されている。東芝燃料電池システムの調べによると、普及に向け政府が実証事業を積極的に展開するなど、家庭用燃料電池システムとして、2020年に約8万台の市場規模が見込まれている。

東芝燃料電池システムはこれまで大規模実証事業等で蓄積した実用化技術をベースに、「エネファーム」の高性能化・高耐久化・低コスト化に取り組み、日本国内で累計約3.5万台(2014年1月末時点)を、ガス会社を中心に出荷してきた。今回、欧州企業と提携し、同社の燃料電池の技術力と製品力、BI社のシステム構築力というお互いの強みを生かすことで、今後、日本国内のみならず、欧州市場でも燃料電池システムの普及拡大を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.