> > 東芝、欧州で家庭用燃料電池システム事業に参入 現地企業と提携

東芝、欧州で家庭用燃料電池システム事業に参入 現地企業と提携

 印刷 記事を保存

東芝グループの東芝燃料電池システムは、欧州地域で家庭用燃料電池システム事業に参入するため、家庭用燃料電池の開発・製造・販売を手がけるバクシィ・イノテック社(BI社)と提携したと発表した。これにより、欧州地域向け製品の共同開発を進め、2014年度中の市場投入を目指す。

BI社は欧州大手暖房機器メーカーであるBDRサーメア社(BDR社)傘下の開発会社で、ドイツの家庭用燃料電池システムの実証試験プロジェクトで50%以上のシェアを有するなど、欧州における家庭用燃料電池システムのトップメーカー。東芝燃料電池システムはBI社とはこれまで約2年間にわたり共同でプロト機の設計・試験を行うなど協業に向けた検討を進めてきた。

(※全文:919文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.