> > 九州に農業問題を解決する「フードバレー」を DBJが植物工場を活用した提案

九州に農業問題を解決する「フードバレー」を DBJが植物工場を活用した提案

 印刷 記事を保存

日本政策投資銀行(DBJ)は、植物工場を切り口として、九州における農業および食に関する課題解決と成長に向けた活動を行うことを提言する調査レポートをとりまとめた。

今回DBJが発表したレポートは「九州における植物工場等ハイテク農業の成長産業化に向けた課題と展望」。九州は農業生産額で全国の約2割のシェアを占め、日本における農産物供給基地としての役割を担っているものの、国内の他地域同様、農業従事者の高齢化、TPP問題等さまざまな課題を抱えている。本レポートでは、農業成長産業化の手段として最近注目を集めている植物工場に着目し、農業先進国であるオランダやイスラエルの事例を参考に、植物工場の課題と九州における展望について提言している。

主な内容は以下の通り。

(※全文:889文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.