> > 四電工、香川県の工場跡地にメガソーラー建設

四電工、香川県の工場跡地にメガソーラー建設

記事を保存
四電工、香川県の工場跡地にメガソーラー建設

四電工(香川県)は、フジボウテキスタイル(東京都)の香川県観音寺市の豊浜工場跡地(面積 約16万平方メートル)において、同社より土地を賃借し、大規模太陽光発電所を建設する。

同発電所の発電容量は約1万2,500kW、年間発電電力量は約1,300万kWh(一般家庭の電力量約3,600世帯分に相当)。今年10月頃に建設工事を開始し、平成27年度末に運転開始予定。事業期間は20年間。建設費は約31億円。なお、同事業は、太陽光発電事業の実施を目的とする四電工100%出資会社であるヨンコーソーラー(香川県)が行う。

四電工は、多くの太陽光発電設備の設計・施工で得た技術やノウハウを活かすとともに、遊休地活用による地域活性化や低炭素社会の実現、長期間の安定収益確保につなげていくため、四国各県において太陽光発電事業を積極的に進めている。今回のフジボウ跡地を含めて11件(運転中1件、運転開始予定10件)の事業を手がけており、合計すると発電容量は3万5,040kW、年間発電電力量は3,690万kWh(一般家庭の電力量約1万200世帯分に相当)となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.