> > NEC、中国企業から大規模蓄電システム事業を買収 世界の電力会社向けに展開

NEC、中国企業から大規模蓄電システム事業を買収 世界の電力会社向けに展開

記事を保存

NECは、中国の万向(Wanxiang)グループ・A123システムズの大規模・大容量蓄電システム事業(電力会社や企業向けのシステムインテグレーション事業部門)を買収すると発表した。

買収金額は約1億米ドルで、6月からアメリカのマサチューセッツ州で、同社が設立する新会社「NECエナジーソリューションズ」が事業を開始する予定。

本買収により同社は、同事業部門のアメリカ、ヨーロッパなどでの実績(2013年度売上高3,200万米ドル、納入実績11社・110MW以上)を引き継ぎ、電力会社向け蓄電システム事業を世界各地で展開する予定だ。同社は、中期経営計画としてスマートエネルギー事業に注力しており、その中核事業として同事業をとらえ、運営する。

また、同社はクラウド基盤などICTと大規模蓄電システムを連携させたサービスなど、新たな事業も含め拡大したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.