> > 茨城県・筑波大学など 藻類オイルを燃料とした自動車の公道走行実験

茨城県・筑波大学など 藻類オイルを燃料とした自動車の公道走行実験

記事を保存

シナネン(東京都)は、茨城県、つくば市、筑波大学、関彰商事(茨城県)と提携し、茨城県つくば市で行われた藻類バイオマス・エネルギー使用の自動車公道走行実証に参画した。藻類産生オイルを燃料とした自動車が公道を走行するのは国内初。

同実証は、藻類の屋外大量培養実証により生産した「藻類オイル」を軽油に混和し、これが自動車用燃料として有効に使用できることを実証するため、実環境下において、自動車の走行実証を行うことを目的としたもの。シナネンは、走行実証に関する協定に基づいて、この混和燃料をつくば市に提供した。

茨城県、つくば市、筑波大学は、「つくば国際戦略総合特区」のプロジェクトの一つである「藻類バイオマスエネルギーの実用化」事業により、つくば市内の農地に建設を進めていた藻類バイオマスの大量培養施設を3月24日に完成させた。今回の実証は、これに合わせて行われた。

国内エネルギー政策の見直しによって、再生可能エネルギーの普及、拡大を図ることが喫緊の課題となる中、「藻類オイル」は地球に優しいエネルギーとして、各方面より注目されている。

なお、シナネンは、建設廃材から木質系燃料チップを製造するリサイクル事業や、植物由来の固形燃料製造など環境に配慮したエネルギー事業を手がけている。今後も、製造面、流通面のノウハウを活かし、藻類バイオマス・エネルギーの実用化など地球に優しいエネルギーの普及に貢献していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.