> > 東京都水道局、10年後の省エネ目標8% 小水力発電、新電力導入など推進

東京都水道局、10年後の省エネ目標8% 小水力発電、新電力導入など推進

 印刷 記事を保存

東京都水道局は、安全でおいしい水の安定供給を確保するための高度浄水施設の増設等によるエネルギー増加は必要なものとし、これを除く既存水道システムについて、平成35年度までに平成12年度比で少なくとも20%以上のエネルギーを効率化する目標を示した。

同局は26日、エネルギーに配慮した施設整備など、中長期的な視点から取り組む具体的なエネルギー施策を明らかにした「東京水道エネルギー効率化10年プラン」を策定し公表した。本プランの計画期間は平成26年度から平成35年度までの10年間。

都水道事業では、平成12年度以降、高度浄水の導入などにより、平成35年度までに約16%のエネルギー使用量の増加が見込まれている。そのため、エネルギー使用量の増加分を含めた総量では、エネルギー効率化の割合は約8%になる。

具体的な施策としては、貯水池と浄水場との高低差や給水所の配水池に引き入れる際の余剰圧力を活用した水力発電、施設における太陽光発電コジェネレーションシステムの導入など、これまでの取り組みをさらに推進する。また、各事業所の電力の使用状況を踏まえ、低炭素な電力を供給する新電力からの電気購入を拡大する。これまでは一部の給水所や事業所で新電力からの電力を購入している。

その他、本プランの概要は以下の通り。

(※全文:1,151文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.