> > 浦安市・大阪港など5地域の「創蓄省エネ化モデル構想」が策定

浦安市・大阪港など5地域の「創蓄省エネ化モデル構想」が策定

 印刷 記事を保存

国土交通省は、平成25年度「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」における5つの地域のモデル構想を策定した。

今回策定されたモデル構想は「浦安市における都市排熱利用モデル構想(浦安市)」「大阪港 夢洲地区における期間リース型の低炭素工業・物流団地構想(大化物流開発)」「低炭素モビリティ導入によるまちの活性化と産業との共生による“安城モデル化”構想(デンソー)」「高岡の鉄軌道を活かした市民の移動低炭素化構想(高岡市)」「柳川地域の観光振興構想(西鉄情報システム)」。

各構想の概要は以下の通り。

(※全文:1,424文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.