> > 浦安市・大阪港など5地域の「創蓄省エネ化モデル構想」が策定

浦安市・大阪港など5地域の「創蓄省エネ化モデル構想」が策定

記事を保存
浦安市・大阪港など5地域の「創蓄省エネ化モデル構想」が策定

安城市の超小型モビリティ導入モデル事業の概要
国土交通省のページ(※本記事末尾)から詳細を見ることができる

国土交通省は、平成25年度「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」における5つの地域のモデル構想を策定した。

今回策定されたモデル構想は「浦安市における都市排熱利用モデル構想(浦安市)」「大阪港 夢洲地区における期間リース型の低炭素工業・物流団地構想(大化物流開発)」「低炭素モビリティ導入によるまちの活性化と産業との共生による“安城モデル化”構想(デンソー)」「高岡の鉄軌道を活かした市民の移動低炭素化構想(高岡市)」「柳川地域の観光振興構想(西鉄情報システム)」。

各構想の概要は以下の通り。

浦安市における都市排熱利用モデル構想(浦安市)

浦安市は、全域が都市部のため再生可能エネルギー資源は乏しいが、高い下水道普及率が特徴。そこで都市部特有の都市排熱「下水熱」に着目し、「Ⅰ.下水熱利用ポテンシャルマップの作成」「Ⅱ.市内での下水熱利用のモデル事業の実施」の2つのプロジェクトを推進することで、「既成市街地の下水道インフラを活用した持続可能性の高い熱利用システム」を目指す。

大阪港 夢洲地区における期間リース型の低炭素工業・物流団地構想(大化物流開発)

電気・熱を相互融通するインフラの構築、効率的な共同物流インフラの整備と、進出コストの削減、スピーディな進出を実現するリース型での工業・物流団地整備により、中小企業の進出障壁の低減やビジネススピードの向上を図る「企業にとって魅力ある工業・物流団地の整備」をすることで、低炭素かつ低コストな港湾地域の創出と企業の進出促進を目指す。

低炭素モビリティ導入によるまちの活性化と産業との共生による“安城モデル化”構想(デンソー)

公共交通網の脆弱さ、中心市街地の空洞化、低炭素化と両立した人流・まちの活性化が課題となる中、公共交通の再整備と低炭素モビリティ(LEV)導入による回遊力の向上とともに、地域コミュニティ側からサービスを提供して、拠点の吸引力を高める。

高岡の鉄軌道を活かした市民の移動低炭素化構想(高岡市)

2015年春の北陸新幹線開業を好機と捉え、市民の熱意で存続させた街のシンボル「万葉線」などの鉄軌道や市民と行政の連携力を活かした「官民協働による公共交通活用・低炭素化」、「交通まちづくり連携による低炭素化」、「市内交通モードの低炭素化」の3つのプロジェクトを推進することで、「行政と市民が一体となった公共交通利用促進による低炭素都市 高岡」を目指す。

柳川地域の観光振興構想(西鉄情報システム)

観光客数の伸び悩みや街のシンボルである掘割周辺の環境対策が課題となる中、柳川のもつ地域ポテンシャルを生かしながら「Ⅰ.次世代公共交通による観光振興」「Ⅱ.掘割汚泥等を活用したバイオマスエネルギー化」の2つのプロジェクトを推進し、「人・ものが交流する活力ある観光都市柳川の再興」を目指す。

なお、同省は、まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化に向けて、都市規模、地域特性等に応じたモデル構築を図るため、地方自治体、事業者等による先導的な構想策定を支援する取組を展開している。平成25年度の同事業では、全国から企画提案を募集し、外部有識者や国土交通省関係部局により構成されたタスクフォースによる審査・選定・支援のプロセスをへて、上記5地域におけるモデル構想が策定された。

【参考】
国土交通省 - まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業 ~5地域でモデル構想が策定されました~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.