> > 横浜・赤レンガ倉庫で最先端技術「LED通信」の実験開始 誰でもWi-Fiで試験接続可能

横浜・赤レンガ倉庫で最先端技術「LED通信」の実験開始 誰でもWi-Fiで試験接続可能

ランプサーブ(沖縄県那覇市)は、横浜市、横浜赤レンガ、横浜市芸術文化振興財団の協力のもと、平成26年4月14日(月)から横浜赤レンガ倉庫にて、同社が開発した最先端のLED通信技術を用いた訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービス「横浜赤レンガ倉庫LED通信実証実験」を開始する。

LED通信(可視光通信)とは、人の目に見える可視光線帯域の光(電磁波)を目視できないレベルで点滅させ、データをやり取りする通信技術のこと。従来の電磁波による通信のように人体や精密機器に影響を与えることはなく、また通信装置の設置が省エネ、省コストで可能であり、現在世界的に研究が行われている通信技術である。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.