> > 新潟県、メガソーラー候補地情報を更新 産廃埋立場2~3haを追加

新潟県、メガソーラー候補地情報を更新 産廃埋立場2~3haを追加

記事を保存

新潟県は、発電を検討する事業者向けに民有地等を活用した大規模な太陽光発電設備設置候補地一覧の情報を更新した。同一覧には、3月28日に産業廃棄物埋立最終処分場「エコパークいずもざき」(三島郡出雲崎町)が追加され、候補地は全部で19カ所となった。

今回追加された「エコパークいずもざき」の候補地は2~3haの平坦地。希望価格は月5円/平方メートル程度(応相談)。2014年10月貸付開始予定。なお、収益の一部を地元(出雲崎町)貢献に還元できることが条件となる。候補地所有者は、新潟県環境保全事業団。

同県は、全国初となる太陽電池による商業用発電施設(雪国型メガソーラー発電所)の導入等に取り組んできたが、さらなる導入促進を図るため、2012年9月より大規模な太陽光発電候補地の提案を受けた結果を公表している。

【参考】
新潟県 - 民有地等を活用した大規模な太陽光発電設備設置候補地の提案一覧を公表します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.