> > 阪神電鉄、大石駅に国内最軽量の太陽光発電パネルを設置 工期も短縮

阪神電鉄、大石駅に国内最軽量の太陽光発電パネルを設置 工期も短縮

記事を保存
阪神電鉄、大石駅に国内最軽量の太陽光発電パネルを設置 工期も短縮

阪神電鉄では、太陽光発電システムを本線の大石駅(神戸市灘区)上り・下り各ホームの屋根上に設置し、4月1日から運用開始したと発表した。

今回使用された太陽光発電パネルは、フジプレアムの単結晶シリコン型で、重さが通常の約50%(9.5kg/枚)の軽量の製品。今回540枚(総重量5トン)のパネルがホームの屋根(810平方メートル)に設置された。

太陽光発電パネルを既設ホームの屋根上に設置するには、通常の重量のパネルでは、柱や梁の補強が必要とされてきたが、同パネルでは補強が不要なうえ、一人でもパネルの持ち運びができるため、大幅に工期が短縮された。

発電出力は118.8kWで、年間発電量は約126,000kWh。これは大石駅で使用される年間電力量の約30%に相当する。なお、発電した電力は大石駅構内のエレベーターやエスカレーター、照明設備で使用される。

また、同社は今回の工事で、独自に設計した保護システムを採用し安全性の確保につとめ、設計、施工、維持管理も同社グループで推進する体制を構築したとし、太陽光発電システム導入におけるノウハウを今後もグループ内外に展開していきたい考えだ。

同太陽光発電システムによる年間CO2削減量予測値は、69トン(阪神電車で、梅田駅・元町駅間を896往復相当)を見込んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.