> > 東京都小平市でスマートメーターの技術検証開始 来年夏には新サービスも

東京都小平市でスマートメーターの技術検証開始 来年夏には新サービスも

記事を保存
東京都小平市でスマートメーターの技術検証開始 来年夏には新サービスも

東京電力は、2日、2014度後半より家庭や商店などに本格的に設置を始めるスマートメーターについて、4月より技術検証を開始すると発表した。本検証結果を踏まえ、2015年7月からスマートメーターを活用した様々なサービスを顧客に提供していく予定。

同社では2014年1月15日に認定された新・総合特別事業計画に基づき、スマートメーターの早期導入を計画している。2014年度は上期に約30万台、下期に約160万台、合計約190万台のスマートメーターを設置し、2020年度までの7年間で、サービスエリア全ての家庭や商店など低圧部門の顧客に設置していく。

4月より実施する技術検証では、通信機能に関する技術検証を目的として、東京都小平市の一部地域において、1,000台程度のスマートメーターの設置を開始する。期間は4月~6月。実フィールドにおける携帯電話方式の通信状況および計量器取替工事の作業性等に関する検証を行う。

今後、7月から東京都全域、2014年度後半からは同社サービスエリア全域において、従来計器の検定有効期間満了時の定期的な取替のほか、新築等における新たな電気の使用の申込みにあわせて本格的に設置していく。

また、今後、2014年7月~2015年6月に、適材適所の通信方式やスマートメーターの運用管理システム(MDMS)、スマートメーターの通信機能等を活用した業務運行や新たなサービス等の検証を実施する。適材適所の通信方式では、無線マルチホップ方式(920MHzの小出力無線により他のスマートメーターを経由してデータを伝送する方式)とPLC方式(電力線を通信回線として利用する方式)について検証する。検証目的に合致する東京都の一部地域で実施する。

これらを踏まえ、2015年7月から遠隔での検針やアンペア容量変更、より詳細な電力使用量の見える化、当該データを用いた新たなサービスの提供など、様々なサービスを顧客に提供していく予定。

同社は、今後、信頼性と拡張性の高いスマートメーターインフラを構築することで、顧客の使用形態に応じた多様な料金メニューの設定や、よりきめ細かな省エネ支援などを通じ、顧客の電力料金のご負担軽減や暮らしの役に立つサービスの提供などに引き続き取り組んでいく考えだ。

なお、同社は2014年度設置分のスマートメーターの調達について、仕様提案募集や競争入札などの一連の取り組みにより、コスト低減の成果が十分あげられたと説明している。2014年度設置分の調達先は、以下の通り。

<30A>
台数:約46万台
対象:部屋数の少ない集合住宅など
落札者:大崎電気、GE富士電機メーター、東光東芝メーターシステムズ

<60A>
台数:約126万台
対象:多くの家庭など
落札者:GE富士電機メーター、東光東芝メーターシステムズ、三菱電機

<120A>
台数:約18万台
対象:比較的小規模な事業所・商店など
落札者:大崎電気工業三菱電機

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.