> > オリックス、中部電力エリアでも安い電力の販売開始 電気料金値上げで商機

オリックス、中部電力エリアでも安い電力の販売開始 電気料金値上げで商機

 印刷 記事を保存

オリックスは、4月より電力小売サービスの対象エリアを拡大し、中部電力の送電エリア内でも営業を開始する。中部電力では4月1日から電力料金を値上げしており、割安な電力を供給し、顧客の電力コストの削減を支援する。

同社は新電力(PPS)として2009年より電力小売事業を開始し、主に店舗やオフィスビルなどの高圧業務用の事業所を対象に割安な電力を供給している。現在は、東京電力、関西電力、中国電力管内でサービスを提供しているが、今回、中部電力管内の愛知県・三重県・岐阜県・静岡県・長野県においてサービスを提供する。

(※全文:688文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.