省電舎、インドネシアでパームヤシ殻からバイオ燃料を生産

  • 印刷
  • 共有

省電舎は、ジャカルタのWOI(PT. World One Indonesia)と、インドネシアにおけるパームヤシ殻(PKS)の炭化事業について基本合意契約を締結したと発表した。

同社は、まず取引先に対しWOIより調達した未加工PKSの販売を開始し、それと並行して既に実証に成功している炭化PKSの再現性と大量生産化展開の確認を約半年間行う。その後、国内のバイオマス発電所や石炭火力発電所向けに高品質の「バイオマス・コークス」として提供していく予定だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事