> > エリーパワーの大型蓄電池、銃弾が貫通しても発煙・発火・破裂なし

エリーパワーの大型蓄電池、銃弾が貫通しても発煙・発火・破裂なし

記事を保存
エリーパワーの大型蓄電池、銃弾が貫通しても発煙・発火・破裂なし

エリーパワーは、「大型リチウムイオン電池セル」の銃弾貫通試験を実施し、発煙・発火・破裂が生じないことを実証した。同社はこれまでも蓄電池の釘刺し試験、圧壊試験などの安全性試験を行ってきたが、今回の銃弾貫通試験でも安全であることを実証することで、幅広い用途での活用が可能になる。

試験は、約15℃の外気温度において、電池セル長側面に約30mの距離から7.62x51mm NATO弾同等の銃弾を射撃して行われた。その結果、発煙・発火はなく、銃弾貫通直後に若干電圧が低下し温度が上昇するが、45℃付近で上昇停止した。外観は穴が開いた以外に変化はなかった。貫通後も電圧がほぼ下がらないため、ライトが点灯し続けた。

今回試験で使用した「大型リチウムイオン電池セル」は、容量50Ah、電圧3.2V、重量1.5kg、サイズはW170.5×D43.5×H111.9mm。大型リチウムイオン電池セルとして世界で初めて世界的第三者試験・認証機関テュフ ラインランド ジャパン発行の安全基準認証 「TUV-Sマーク」を取得している。また、10年間で1万2,000回の充放電後も80%以上の容量を保持し、長寿命を実現している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.