日本製バラスト水処理装置、新たに2件お目見え 「SEA JAPAN 2014」出展中

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

小型貫流ボイラメーカー、三浦工業(愛媛県)は、開発中のバラスト水処理装置が3月27日付で国土交通省が定める承認を取得したと発表した。同装置は、昨年3月に陸上試験を完了し、6ヶ月間における船上試験と性能試験を終え、承認条件であるすべての試験を完了している。同社は、今年10月の販売開始に向けて営業を開始している。

また、住友電気工業(大阪市)と日立造船(大阪市)は、共同開発してきた電解型バラスト水処理装置「ECOMARINE®-EC」が、IMO(国際海事機関)が「活性物質を利用するバラスト水管理システム承認のための手順(G9)」で定める基本承認(BA)を取得したと発表した。同装置は、今年5月より実船での船上試験を行う。来夏にIMOのG9最終承認(FA)を取得し、来秋には国土交通省の型式承認取得を目指している。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報