スイス企業、非接触充電システムの量産へ 従来より出力2倍の7.2kW

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

BRUSA Elektronik AG(スイス)は、従来のタイプと同じ設置面積で、出力を3.6kWから7.2kWへ倍増した、電気自動車(EV)向けの非接触充電システムを開発し、現在量産への準備段階であることを発表した。同製品試作機は今年秋までに公開され、2017年に発売される予定。

今回同社が発表した製品は電磁誘電充電システム(Inductive Charging System:ICS)を採用している。同社が特許を取得した技術により、従来までの同システムよりも高い7.2kWでの出力が可能となり、充電電力は2倍となった。また、同製品は90%以上の動力伝送効率を実現した。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報