> > パナソニック、除菌用紫外線LEDモジュールを発売 薄くて防滴、水銀不使用

パナソニック、除菌用紫外線LEDモジュールを発売 薄くて防滴、水銀不使用

記事を保存
パナソニック、除菌用紫外線LEDモジュールを発売 薄くて防滴、水銀不使用

パナソニックは、9日、除菌作用がある270nmの波長域の紫外線を発生させるLED部品「深紫外線LED(UV-LED)モジュール」を6月16日より発売すると発表した。

本製品は試験により10分間の照射で99.9%以上除菌することを確認している。また、薄型、防滴、水銀フリーという特徴を備え、狭い空間や水まわりにも組込みが可能。電動歯ブラシや浄水器など小型の家電製品や住宅設備の水廻り機器での利用を見込む。

2014年度の月産台数は1万台。価格は2,000~3,000円程度となる予定で、数量に応じても対応する。

紫外線は、特に270nm付近の深紫外線領域の波長において除菌能力を有しており、従来はこの深紫外線領域の光源として冷陰極ランプや水銀ランプが主流だった。しかし、これらの紫外線光源はサイズが大きく、さらに点灯用インバータが必要なため、広い取り付けスペースが必要だった。また、ガラス素材のため破損しやすく、水銀含有・オゾン発生や瞬時に点灯できないなどの課題があった。

このため、小型で長寿命といった特徴を持つUV-LEDへの置き換わりが進むとされているが、UV-LEDは結晶成長技術上の課題により深紫外線領域の光を高効率・高出力で発光することが困難だった。

今回、本製品には、理化学研究所の「産業界との融合的連携研究制度」(研究者と企業が連携し研究開発を推進する制度)に基づく研究チームが開発したUV-LEDチップを搭載。LEDチップの結晶欠陥密度を大幅に低減させ、定格120mA、室温25℃等の条件下において、270nm付近の深紫外線を10mW以上の出力で発光させることに成功した。

本製品は光源がLEDのため、薄型(高さ3.25mm)で、また、防滴性能(IPX4相当)も有している。さらに、水銀を含まないHgフリーやオゾン発生ゼロなど、環境にも配慮した仕様となっている。

高さは3.25mm、防滴仕様で狭い空間や水まわりへの取り付けも可能

高さは3.25mm、防滴仕様で狭い空間や水まわりへの取り付けも可能

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.