> > 国土交通省、地元の木材を使った住宅に補助金 事業者グループ募集開始

国土交通省、地元の木材を使った住宅に補助金 事業者グループ募集開始

記事を保存

国土交通省は4月10日、新築の木造住宅に対し補助金を交付する事業において、事業者グループの募集を開始した。

同事業は、地域材等資材供給から設計・施工に至るまでの関連事業者が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な 「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援する。地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図ることで、地域経済の活性化と持続的な発展、地域の住文化継承と街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生などを実現する。

同事業では、中小住宅生産者等が他の中小住宅生産者や木材供給、建材流通等の関連事業者とともに構築したグループを公募。グループ毎に定められた共通ルール等の取り組みが良好なものを国土交通省が採択し、採択されたグループに所属する中小住宅生産者等が当該共通ルール等に基づき木造の長期優良 住宅の建設を行う場合、その費用の一部を予算の範囲内において補助する。

応募グループの構成員は、(1)原木供給、(2)製材・集成材製造・合板製造、(3)建材流通、(4)プレカット加工、(5)設計、(6)施工、(7)木材を扱わない流通、(8)その他、のうち(1)から(6)の事業者については原則として1事業者以上により構成する。グループの採択については、学識経験者からなる「地域型住宅ブランド化事業評価委員会」において評価が行われる。

補助対象となる住宅は、(1)採択されたグループ毎の地域型住宅の共通ルール等に則し、グループの構成員である中小住宅生産者等により供給されるもの、(2)長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づき、所管行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知発出後に着工するもの、(3)住宅の省エネルギー技術に関する講習の修了者がその設計、施工、または工事監理に関わるもの、などの条件を満たす地域材を活用する木造住宅。補助金の額は、地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額で、かつ対象住宅1戸当たり100万円が上限。

募集期間は4月10日~5月12日。問い合わせは「平成26年度地域型住宅ブランド化事業評価事務局」、電話番号は03-3560-2886。

【参考】
国土交通省 - 地域主導による再生可能エネルギー導入のための緊急支援事業委託業務の採択案件について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.