> > 兵庫県の湯村温泉、町運営による温泉バイナリー発電が稼働

兵庫県の湯村温泉、町運営による温泉バイナリー発電が稼働

記事を保存
兵庫県の湯村温泉、町運営による温泉バイナリー発電が稼働

洸陽電機は、兵庫県新温泉町から発注を受けた、湯村温泉バイナリー発電施設の運転が開始されたことを発表した。

機器概要は40kW(IHI製20kW×2台、施工:洸陽電機)。想定利用可能容量は11~20kW(湯量等により変動)。想定年間発電量は約9万kWh、これは約25世帯分の年間電気使用量に相当する。事業費は82,740,000円(うち、グリーンニューディール基金8千万円)。発電施設設置場所は、湯村温泉観光交流センター薬師湯(日帰り温泉施設、町指定の福祉避難所)新温泉町湯1604。設置者は新温泉町。なお、今月10日に同町主催による施設竣工式が同センターで行われた。

今回稼働される施設は、温暖化防止につながる再生可能エネルギー導入のモデルとして整備される。防災拠点である福祉避難所へ温泉バイナリー発電として整備されるのは全国初の取組みである。また、自立型の温泉バイナリー発電設備を導入することで、災害等による停電時も福祉避難所である薬師湯において、最低限必要な照明、携帯充電、入浴サービス等を提供することが可能になる。さらには、山陰海岸ジオパークと連携した住民、観光客等への環境学習効果も期待されている。

今回、新温泉町湯村温泉に完成し、運転を開始することとなった同施設は、環境省の再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)を活用し導入されたもの。同県では、「2020年度末までに再生可能エネルギーを新たに100万kW導入する」ことを目指し、多様な地域特性を活かした取組を進めている。

今後も、同県は設備導入や維持管理で得られた知見を、工場排熱等を用いたバイナリー発電導入検討に活かしていく方針だ。

【参考】
小型バイナリー発電機 注目メーカー一覧 (2014年4月版)(2014/04/14)
兵庫県 - 湯村温泉における温泉バイナリー発電施設の運転開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.