> > レドックスフロー電池 日本発案による国際標準化審議スタート

レドックスフロー電池 日本発案による国際標準化審議スタート

記事を保存

日本工業標準調査会(JISC)(事務局:経済産業省)が昨年10月に国際電気標準会議(IEC)に対して行った、レドックスフロー電池の安全性に関する国際標準提案について、IECにおける国際標準の審議体制が決まり、具体的な審議がスタートすることになった。日本工業標準調査会は今後、関係各国とも協力し、レドックスフロー電池の国際標準化を推進していく。

レドックスフロー電池は、バナジウム等のイオンの酸化還元反応を利用し充放電を行う蓄電池。電極や電解液の劣化が殆どなく長寿命で、発火性材料を用いていないことや常温運転が可能なことから安全性が高く、電力系統用蓄電池に適した特性をもっている。

今後、太陽光風力等の再生可能エネルギーの導入を拡大していく上で必要となる系統の安定化技術として期待されており、日本では住友電気工業が実用化技術を確立し、世界に先駆けて量産体制を構築している。諸外国においても同電池の普及拡大に積極的な姿勢が示されており、今後国内外の市場での普及を加速するため、製品技術を先導する日本が国際標準化に貢献していくことが重要となる。

日本工業標準調査会は、レドックスフロー電池の導入において特に重要となる電池の安全性について、昨年10月30日に国際電気標準会議(IEC)に新規提案を行い、3ヶ月間の投票を経て、本年2月に正式な新規提案として承認された。

日本の提案に前後し、中国から同電池の性能に関する国際標準化提案が、スペインから用語及び定義に関する国際標準化提案が提出され、これらを審議するため、IEC/TC21(蓄電池に関する専門委員会)及び IEC/TC105(燃料電池に関する専門委員会)の合同作業グループ(JWG)が設置され、審議体制が整った。審議をとりまとめるコンビナ(主査)には IEC/TC105の上野議長の就任が決定。また、日本提案については、住友電気工業がプロジェクトリーダーを務める。

今後、レドックスフロー電池の普及促進、日本のグローバル市場開拓、再生可能エネルギーの導入促進を視野に、レドックスフロー電池の国際標準化を推進していく。

日本工業標準調査会(JISC: Japanese Industrial Standards Committee)は、経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化法に基づいて工業標準化に関する調査審議を行っている。JIS(日本工業規格)の制定 、改正等に関する審議を行ったり、工業標準、JISマーク表示制度、試験所登録制度など工業標準化の促進に関して関係各大臣への建議や諮問に応じて答申を行うなどの機能を持っており、国際標準化機構(ISO)及び国際電気標準会議(IEC)に対する日本唯一の会員として、国際規格開発に参加している。

【参考】
経済産業省 - 日本提案によるレドックスフロー電池の国際標準化審議がスタートします

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.