> > 今夏の電力、昨年より不足の見通し 関電・九電は東電から融通を受けてカバー

今夏の電力、昨年より不足の見通し 関電・九電は東電から融通を受けてカバー

 印刷 記事を保存

今夏(8月)の電力需給は、昨夏以上に厳しい見通しとなった。中部・西日本の予備率は2.7%となり、最低限必要とされる予備率3%を下回る見込み。一方、周波数変換装置(FC)を通じた融通を行う場合、中部・西日本の予備率は3.4%となる。沖縄電力を除く大手電力9社の予備率は4.6%となる見込みで、昨夏の見通しの6.3%より1.7ポイント低くなっている。

17日に開催された経済産業省の電力需給検証小委員会で、電力会社から報告されたデータをもとに、今夏の電力需給の見通しについての資料が公表された。

(※全文:763文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.