> > シャープ、福島県富岡町にメガソーラー 売電収入の一部を復興支援に

シャープ、福島県富岡町にメガソーラー 売電収入の一部を復興支援に

記事を保存

福島県富岡町は、町内の工業団地にメガソーラーを設置し、民間事業を活用した再生可能エネルギーの推進と被災地での新しい産業モデルの創出を図る「シャープ富岡太陽光発電事業」について、シャープと基本協定の調印を行ったと発表した。

事業実施期間は平成27年6月(予定)の運転開始から20年間で、年間約663世帯分に相当する電気を発電。発電した電気は全て売電し、その収入の一部を町の復興支援のために地元に還元する。なお、同事業は、シャープと芙蓉総合リースの共同事業にて実施される。

協定書に署名する宮本町長(左)とシャープ常務執行役員の向井氏(右)

協定書に署名する宮本町長(左)とシャープ常務執行役員の向井氏(右)

【参考】
富岡町 - 大規模太陽光発電 富岡工業団地に

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.